更新再開。しばらくはまったり更新
4月発売ゲーム考察 | ゲームレビュー | ゲームニュース | 日記 | ゲーム周辺機器 | プロフィール | 注意事項 | 今週発売のゲーム紹介(XBOX360/PS3 | 今週発売のゲーム紹介(DS/PSP/Wii | 今週発売のゲーム紹介(PS2 | マナ専チャンネル | PSP | DS | 未分類 | 
レビュー済タイトル/記事へのリンク
マイナーゲーム紹介/記事へのリンク
プロフィール

ピピ

Author:ピピ
更新再開です。
しばらくはまったり不定期更新。

コメント・TB・相互リンク大歓迎。

各種検索

Google

WWW検索 ブログ内検索


Yahoo! JAPAN


YouTube検索 日本語可

developed by 遊ぶブログ
RSSフィード
ブログの更新状況を手軽に確認できます。
日々の綴り
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
旬の記事

カテゴリー
相互リンク

クロのゲーム雑記
管理人 クロさんのブログです。

セグメントゲームズ
管理人 partygameさんのブログです。

ランキングサイト

にほんブログ村 ゲームブログへ

人気ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
お勧めブログ
累計閲覧者数

無料 アクセス解析RMT

ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.05.23 Wed
オーディンスフィアレビュー
まず最初に一言。
このゲーム、アトラスが販売元ですが、実は開発はアトラスではありません。
子会社のヴァニラウェアが開発を担当しています。(プリンセスクラウン、グリムグリモア等の開発会社です。)
何が言いたいのかというと、アトラス信者だからといってすぐに手を出してしまうのは厳禁だということです。
よって自分のレビューでは、アトラスの他作品、世界観の違うメガテンシリーズなどとの比較はしません。

その前提でオーディンスフィアのレビューをしたいと思います。

ストーリーのネタバレは書きませんのでご安心を。
まずプレイして最初に驚くのは、そのグラフィックの美しさ。
「ヴァニラウェア」(開発会社)の技術力の高さを感じさせます。
これは最初にプレイした人の8割位は驚くんじゃないでしょうか。

実はこれドット絵じゃないんです。
開発者も言ってますが、普通のイラストをそのままアニメーションにしてゲーム内で動かしています。
同社から出たグリムグリモア(通常版)と同じ方式ですね。
非常に背景にも溶け込んだ綺麗な絵で、北欧神話を元にした本作との相性はばっちりです。

ストーリーは章仕立てで進みます。
グリムグリモアと同様、絵本の世界を冒険しているような不思議な感覚です。
絵本は絵本でも子供向けの絵本では無く、大人でも十分に楽しめるストーリーです。
北欧神話や童話好きな方なら間違いなく気に入ると思います。
(リアリティー溢れる世界観が好きな方にはいまいちかもしれません)
声優さんとキャラクターの相性もばっちりです。

本作のジャンルは公式サイトではRPGとなっていますが、実際は以前出たプリンセスクラウン アトラスベストコレクションに近い、アクション要素の強いRPGとなっています。
基本の操作は全て最初のチュートリアルステージで教えてくれるので、説明書は読まなくても大丈夫です。
使用するボタン数も少ないのでこの点は安心して下さい。

ただ、問題点は戦闘にありました。
全体的に難易度が高いんです。(初心者の観点から見て)
一応難易度は☆(簡単)、☆☆(普通)、☆☆☆(難しい)の3段階あります。
一通り試しましたが、☆(簡単)でも結構難しいです。
いや、アクションゲームとしては簡単な部類に入るのですが、RPGとして見た場合です。
これはとりあえずストーリーだけを読み進めたいと思う人には、重荷になる可能性があります。

グリムグリモアにあるSWEET(とても簡単)位の難易度設定が欲しかったかもしれません。
世界観的には、アクション要素を好まない女性等でも楽しめるゲームだと思うので・・・

残念なのは難易度だけではありません。
ボタンに対するレスポンスといいましょうか。全体的に行動アクションがのろくて、敵を倒す爽快感が感じられないのです。

別に無双系である必要は無いと思うのですが、頻繁に発生する処理落ちと相俟って、非常にテンポが悪いです。
クリアまでのプレイ時間がそこそこ長いゲームなので、この点はかなり残念でした。

クリア後にランク(Sが最高)やスコアなどが出るのは、戦闘への意欲を高めてくれるんで嬉しかったですけどね。

処理落ちの原因は、やはりこのグラフィックにあるのでしょう。
何せ書き込みが半端じゃないですから。
雑魚戦等ではまだ我慢できるのですが、巨大なボス敵ともなるとかなりストレスが溜まりました。(ボス自体も雑魚に比べると格段に強いです)


次はシステム面。
こちらは結構斬新でしたね。
敵を倒す事によりフォゾンと呼ばれるもの(いわゆる魂)がでるのですが、これらを主人公が吸い取る事により攻撃力がアップしたり、はたまた地面に植えた植物の種の栄養元となったり。
アイテムを拾うという要素も、プリンセスクラウンにかなり近いものを感じました。

LVも普通に敵を倒して上がるのではなく、食べ物を食べることで上がる等、普通のアクションRPGとは異なる点が随所に感じられました。

今のところプレイ時間は30時間ほどですが、総合的に見て点数を付けるとしたら70点ってところでしょうか。

世界観、ストーリーは満点を付けてもいい位なんですが、テンポの面で幾つか気になる点がありました。
同じようなステージ構造が続き、飽きやすいのもマイナス点です。

最初にもいいましたが、他のアトラス作品の様な作品を期待すると期待外れに感じる方も多いかもしれません。

自分でプレイする分には満足でしたが、万人に薦められるゲームでは無いなと思いました。
「プリンセスクラウン」や「グリムグリモア」が好きだった方なら是非。

公式サイトはこちらから
http://os.atlusnet.jp/
Amazonへはこちらから
オーディンスフィア

スポンサーサイト

テーマ:オーディンスフィア - ジャンル:ゲーム
ゲームレビュー    Comment(0)   TrackBack(2)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pipi358246.blog103.fc2.com/tb.php/30-8e4e9360
オーディンスフィア 2007年5月17日 2007年5月22日Price = 6
ゲーム情報局 2007.07.28 Sat 21:01
童話童話(どうわ)とは、児童が読む、または親などの大人が幼年児童に読み聞かせる子ども向けの、民話、伝説、神話、寓話、創作された物語等である。創作童話の多くは幼年、児童向けの短篇作品をさす。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikiped
イラストファンの基礎用語 2007.10.04 Thu 18:10

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。